犬の服は用途に合わせて選ぶ!失敗しない服選びのポイントって?

防寒対策のために選ぶなら?

冬の散歩時に着せる犬の服を選ぶ時のポイントとしてまず挙げられるのが防寒効果の高さです。暖かい素材で作られているのはもちろんですが、雪が降る地域で着せる場合は、雪がくっついたり染み込んだりしないような素材かのチェックが必要です。厚手でボリュームある犬の服は、保温効果に優れていて暖かさも十分ですが、動きにくさにつながったり、体の小さい犬にとっては重さが負担になることもあるので注意が必要です。

抜け毛対策や病気対策のために選ぶなら?

抜け毛対策のために犬に服を着せようと考えている人も多いと思います。また、皮膚病を患ってしまった時や、手術後の傷口をなめたりするのを防止する目的で犬に服を着せることもあるでしょう。そういった場合は、皮膚への刺激をできるだけ減らせるように、縫い目が外側になるように作られていたり、吸湿や速乾性に優れた素材が使われている犬の服がおすすめです。

ファッション性を考えて選ぶなら?

見た目の可愛らしさのために犬の服を選ぶ時に注意したいのが、犬の服の安全性についてです。リボンやフリルがたくさんついた犬の服は可愛らしいものですが、リボンが何かにひっかかったり、すぐにほつれてしまうような繊細な素材で作られているものはとても危険です。また、いくらデザインが気に入ったからと言って、サイズが大きいものを選んでしまうと、着ている間に脱げてしまうことがありますし、逆に小さい犬の服は動きにくくケガの原因となる場合があるので、購入時にはしっかりとサイズの確認をした方が良いでしょう。

犬の服を犬に着せるメリットは様々なものがあります。暑さや寒さから身を守り、ばい菌が入らないようにすることで病気の治療や予防になる、汚れるのを防いで手入れを楽にすることができるなどの効果が得られます。