高級時計を一生モノにするには?適切なメンテナンスについて

オーバーホールは車検のようなもの

憧れてやっと手にした高級時計であれば、できるだけ長く使い続けたいものでしょう。高級時計の多くは機械式時計となっており、小さなケースの中には何百ものパーツが組み込まれています。大変小さなパーツが繊細にかみ合って時を刻んでいるので、一つのパーツに異常が起きると時計の動きがおかしくなってしまうことがあります。

そういった問題を起こさないようにするには、メンテナンスが必要です。多くの時計メーカーは、3~4年に一度はオーバーホールを行うことを薦めています。特に新しい機械式時計は、パーツ同士が擦れ合ったときの粉塵が出やすいので、初回のオーバーホールが特に大事です。

故障のリスクを下げるオーバーホール

オーバーホールを行わずにいると、時間が狂っていき、動かなくなる場合もあります。1日に1分以上時間が狂うようなら、早めにメンテナンスを行うと良いでしょう。

精密機械のため、自分で分解清掃することは薦められません。理想はメーカーの正規修理店への依頼ですが、民間の修理業者に依頼することも可能です。

とても大切にしている、もしくは後々価値を下げずに売却したい、という場合は正規修理店がおすすめです。専用の職人が確かな技術で分解清掃してくれるので、オーバーホールを行ったことによる問題が起こる可能性は低いです。また、売却の際に正規修理保証書を付けると査定金額がアップすることがあります。

ただし、正規修理店は料金が高く、6~10万円かかることは珍しくありません。そこまでこだわりのない人は、半額程度で依頼できる民間の修理業者を選ぶと良いかもしれません。

オーデマピゲは高級時計の一つで、大変人気のある時計です。ステンレススティールが全体に使われており、高級感が漂っています。一つのステータスとして相応しいブランドです。