長持ちはメンテナンス次第!機械式時計の管理保守

精密機械ゆえの管理の難しさ

社会人になると一生使えるような、機械式時計を身に着けたいと思うものです。特に高級腕時計と称されるブランドには、ステータスシンボルとしての憧れがあります。そして仕事や出世の記念としても、高級ブランドは社会人の自尊心を満たしてくれます。しかしながら機械式時計には、数百の部品からなる精密な機械ゆえの、管理の難しさがあるのも事実です。耐久性に優れている時計でも、10年以上毎日使っていると、ムーブメントの劣化やパーツの摩耗は避けられません。

メンテナンス次第で何十年も

機械式時計は精密な機械ですが、日々のメンテナンスを行うことで何十年も稼働できます。メンテナンスの基本としては、保管の際には専用ケースに入れることです。時計の大敵は高温多湿と磁気、そして衝撃です。これらから守るには、専用ケースに仕舞うことが一番です。そしてしばらく使うことがなければ、月に1度は手巻きをして動かすことが大事です。普段身につけている場合でも、湿気の多い場所は避けたほうが良いと言えます。加えてホコリっぽい場所は、細かいキズがつく恐れもあるので注意が必要です。

保管場所に気をつけること

機械式時計は金属部品が使われているので、高温環境に弱い性質があります。気温が35度を超える場所では、時間精度に問題が生じる可能性があります。また、気温が5度を下回っても、同様な問題が起こり得ます。温度差が激しい環境で使い続けると、ゼンマイ等に影響が及びます。それ故、高温環境や低温環境での使用は、極力避けることが望ましいと言えます。保管場所に関しても、直射日光が当たるような場所は避けたいものです。

無駄な装飾のない美しさや正確さ、そして使いやすく長く愛用できるところがグランドセイコーの魅力です。部品生産から組み立てまで全て日本国内で行なっており、実用腕時計ブランドとして高く評価されています。